帯域制限に達していて、通信制限がかかっている

このエントリーをはてなブックマークに追加  

最近のAndroidスマートフォンはLTE回線を使用します。LTEプランは、一ヶ月間の通信量が7GBまでと決められています。例えば、その月の25日に7GBに達した場合は、月末までの約5日間が帯域制限の対象になります。速度は、75MBPS(メガビットパーセック)から128KBPS(キロビットパーセック)にまで速度が落ちます。この速度はPHSのデータ通信速度と同じです。Eメール等は問題なく行うことはできますが、ホームページ表記にはかなり時間がかるようになります。また、動画にいたってはほとんど見ることはできません。

 

ちなみに、この帯域制限ですが、LTE回線の通信量ではありません。LTE回線、3G回線を合わせた月の総通信量となります。その為、帯域制限回避の為、LTE機能を切って使う方もおられますが、帯域制限回避とは関係ありません。むしろ、3G回線だと回線速度が遅いのでそれで動画がうまく見られない場合があります。LTE回線が使える場所であれば、できるだけLTE回線を使いましょう。

 

また、動画はデータ量が大きいので、すぐに帯域制限に達してしまいます。YouTubeで画質の高めの動画を見る場合、21時間ほどの閲覧で7GBに達する計算になります。月に慣らすと、1日40分の閲覧で達することになります。

 

ただし、これは動画だけで計算した場合になります。通常のネットサーフィンも含めるともう少し短くなります。
日常的にスマホで動画を見る習慣があるようでしたら、動画コンテンツはできるだけWi-Fi環境のある中で見るようにしましょう。

 

スポンサーリンク

どうしてもスマホで動画が見れない!

どうしても動画が見れない場合はパソコンを使って動画を見るしかありません。
でもパソコンは高額だから購入することができない人は多いのではないでしょうか。
パソコンは購入しなくても無料でもらうことができるので、どうしてもスマホで動画を見れないならパソコンにすることをお勧めしています。

 

パソコンの月額利用料はマンションタイプなら2,000円程度にプロバイダ料を合計しても3,000円程度で利用できてしまいます。スマホよりパソコンは処理能力が高いので通信速度が速くて動画再生もサクサク見れます。また1台あれば自宅で家族みんなで利用できます。スマホのように通信制限など発生しないので動画もストレスなく快適に見れます。

 

特典付きのインターネット回線は下記から申し込みするとパソコン、タブレット、新型ゲーム機などをプレゼントしてくれます

 

このエントリーをはてなブックマークに追加